忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

葛藤


2014年4月30日の日本経済新聞の朝刊に載っていた記事です。やさしい経済学というコーナーで、“第一章 今か先かの葛藤”という見出しです。記事には、目先の利益を優先させた先延ばし行動こそ、ダメな選択の典型例ですとあります。「現在バイアス」。目先のモノを過大評価してしまうことだそうです。先日記事でも書いたSEOの効果が表れる前の3~4か月で対策を辞めてしまうことと似通っています。遠い先の利益は忍耐強く待てるのに、目先の利益になると待てなくなる傾向があるそうです。内面のお話です。内面には、目先しか考えないキリギリス的な自分、将来を考えるアリ的な自分があるそうです。
頭の中で考える時はアリ的な考えが出来るのに、計画実行となると、行動はキリギリス的になるのだそうです。なかなか興味深いですよね。結果、キリギリス的な行動をしてしまい、計画にないダメな選択をしてしまうとのこと。記事にはイラスト付きで説明があります^^。
このアリとキリギリスの現象。高い建物とその手前にある低い気を眺める場合に似ているそうです。イラストにはアリとキリギリス、その先には大きな利益に見立てたビルと、小さな利益に見立てた木が描かれています。遠くから眺めているアリには、木(小さな利益)は小さく、ビル(大きな利益)が大きく見えています。対してキリギリスには、木(小さな利益)が大きく見えて、ビル(大きな利益)が小さく見えています。ですがキリギリスは喜んでいます。セルフ・コントロール(自制、自己管理)は、アリとキリギリスの対立の中で選好のぎゃくてんによるドタキャン(変更)が起きないように計画と実行を上手く擦り合わせることで、摺合せに失敗すると自減という選択をしてしまうとのことです。
それが消費増税前の駆け込みに当てはまるのではないですかね。だって、今駆け込み前より安くなっているというではないですか。かけこみで買って満足していた人たちからしたらショックですもの・・・。

低価格 検索エンジン対策
Google検索順位対策
高い確率で上位表示
複合キーワード
SEO対策 順位安定
キーワード 不動の1位表示
Yahoo検索エンジン対策
10位以内表示 Google検索
Blog更新 検索対策
ビッグキーワード対策
SEO料金プラン
検索集客 相談
SEO料金
情報鮮度、検索エンジン対策
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

最新記事

(05/08)
(05/07)
(05/06)
(05/05)
(05/04)
(05/03)
(05/02)
(05/01)
(04/10)
(04/09)
(04/08)
(04/07)
(04/06)
(04/05)
(04/04)
(04/03)
(04/02)
(04/01)

カテゴリー

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア